過去の金融事故で、未だにクレジットカードが作れない、ローンが通らないと、困っている方をご紹介ください。

過去の金融事故で、未だにクレジットカードが作れない、ローンが通らないと、困っている方をご紹介ください。

ご紹介頂きたい方は以下のような方です。

過去に事業に失敗したり、リストラされたり、その結果、夜逃げ同然となり、未だにクレジットカードも作れない、ローンも通らないとお困りの方、但し、今はキッチリと収入がある方になります。

JCIC(日本信用情報コンサルティング協会)では、そんな方を支援する、信用情報ホワイトニングをいうサービスを提供しております。

ほとんど知られてませんが、何らかの事情で過去に金融事故をおこされた方でも、法律が守ってくれているのです。

当協会では、そんな方々の個人信用情報を回復のお手伝いをいたしております。

5年経ったら債務は無くなる?

5年経ったら債務は無くなると思っていても、実際には、カードやローンには通らないんです。

だから、皆さん困っているのです。

放置していると、一生、クレジットカードも、ローンも通らないのです。

jcic_02_750

いつになったら消えるの?

一生消えません。

これまでのように、放置していても、一生消えません。金融機関からすれば、あなたとの取引は継続中だからです。実際に、完済しなければ、取引は終了しません。取引が終了すれば、完済日から5年(CIC)で消えます。ただし、債務整理などのご紹介ではありません。

信用情報開示所には、あなたと、金融機関での取引が、未払いのまま継続中になっているので、いつまでもクレジットカードが作れない、ローンが組めないという状況なのでです。

どうするの?、債務整理ですか?

債務整理などではありません。債務整理は、弁護士に利益はありますが、ご本人には利益はありません。

法律に基づいてあなたと、金融機関との消費貸借契約の取引を終了させます。

サラ金なら、金銭消費貸借契約の取引を法的に終了させます。つまり、取引自体が無くなれば、債務自体が無くなるので、信用情報からもネガティブな情報は消える。

ということです。

つまり、あり得ないと思われるかもしれませんが、取引自体が無くなれば、債務自体が無くなるので、借金の存在すら無くなるのです。

jcic_03_750

これまでどうり放置していたらどうなるの?

最悪の場合、裁判されます。

もし、訴状が届いても、あなたは裁判所に出頭せずに放置するでしょう。その結果、金融機関に判決が取られます。裁判の判決は、10年有効です。10年間、あなたの個人財産は、いつ差し押さえられても仕方のない状況が続きます。もちろん、一生、ブラックの人生が続きます。

jcic_01_750

ホワイトニングするとどうなりますか?

・債務ごと消えて無くなります。

・信用情報も綺麗になります。

・裁判をされることなく安心して暮らせます。

収益モデル

資料請求フォーム

掲載者情報

違反報告をする